まるで砲丸投げ!?TRiNiDADシリーズ最重量バレル!!TRiNiDAD X FORMAN

ここ1~2年ほど全く手をつけていなかったダーツにまた最近熱が入り始めてきました!!

なので、どうせならまた1から気持ちを入れ替えて新鮮な気持ちで投げたい!!と思ったので、新しいダーツを購入してきました。

ということで、今回はそのnewダーツの紹介をしていきたいと思います!!

TRiNiDADシリーズ最重量!![TRiNiDAD(トリニダード) X FORMAN(フォアマン)]

まず、このバレルの最大の特徴として挙げられるのが、バレル単体の重さが22.5gの超重量級バレルということです。

全体のスペックとしては

材質:90%タングステン
重量:22.5g
全長:42.0mm
最大径:8.0mm

となっています。

パッケージの右上部分にも表記されています。

とにかく“重さ”に目がいくバレルですが、この重さをしっかりコントロール出来る構造になっています!!

グリップ部は、まず、バレル中心のTRiNiDADのロゴが入ってる部分

ここがこのバレルの重心になります。指先の感覚でしっかり重心が持てているかが分かるように少し窪みが付いてるので、目で確認しなくてもスムーズにグリップ出来るようになっています。

 

そして、この高重量をしっかり押し出せるように、重心のすぐ後ろにテーパー(傾斜)が施されています。

このテーパーのおかげで高重量のバレルでもかなり力が乗せやすく、軽い力でも伸びのある飛びを実現してくれます。

 

このバレルのもう1つの特徴でもあるのですが、テーパー後ろに施されたブロック状のカットが、ダーツを押し出す時の滑り止めになってくれて、すっぽ抜けなどによる失投を減らすことが出来ます。

 

バレルの先端部の窪みは3本目の指(薬指等)がフィットするようになっています。

この窪みのおかげで安定したグリップが可能になります。ティップに指をかける人はあまり関係ありませんが…。

 

ダーツを投げる時のポイントとしてよく言われる「ダーツの重さを感じて投げる」という点においても、バレル自体がかなり高重量なのでしっかり重さを感じることが出来ますし、投げたときの安定感もバツグンです!!

グルーピングする時もそう簡単にははじかれることがなく、ダーツの間を強引に押し込むように入っていきます(笑)

このようにかなり重量のあるバレルですが、軽い力でも勢いよく伸びのある飛びが可能な構造になっているので、女性の方でも充分扱えるバレルだと思います!!

ボードに刺さる時のズドン!!と音を立てて刺さる感じは迫力があってかなり気持ちいいです!!セグメントへの負荷は半端じゃないとは思いますが….。

とは言え、投げていてとても気持ちの良いバレルです。

重いバレルに興味のある方、逆に重いのはちょっと苦手かな…という方でも是非試して欲しいバレルです!!それぐらい安定してて、バランスのとれたバレルになっています。