聴いているのに聞こえる!?〜新感覚イヤホンambie(アンビー)を使ってみた感想〜

2018年10月7日

様々なイヤホンが発売されている中、変わったものを見つけました。

それが、2017年2月に発売された「耳をふさがないイヤホン」ambie(アンビー)です!

1年以上前に発売されていて、今では、Bluetoothのタイプも出ている様ですが、価格が有線タイプの2倍程するので、とりあえずお試しがてらに有線タイプのものを購入しました!!

イヤホンなのに耳をふさがないってどういうこと?聴いているのに聞こえるって?そんな疑問が浮かびますよね。

そこで今回は、実際に使ってみて感じたことなど書いていきたいと思います!!

軽量でオシャレなデザイン!

パッケージはこんな感じ。

シンプルなデザインで上品さを感じますね。

中身はこれで全部です。

説明書と換えのイヤーピースが1組付いてきます。

アップにするとこんな感じ。

なかなかオシャレなデザインだと思います。

聴いているのに、聞こえる安心感

外の音を完全に遮断して音楽に入り込むのも、それはそれでいいと思いますが、そこには聞こえない不安がありますよね。

屋外なんかだと、周囲の危険察知が遅れてしまい、思わぬ事故に巻き込まれるなんてことにもなりかねません…。

ですが、ambieなら構造上、音楽を聴きながらでも周りの音がしっかりと聞こえるように出来ています。これなら周囲の状況も把握しながら、より安全に音楽を楽しむことが出来ます!!

屋内でも心地よく聴ける

耳に小さなスピーカーが付いていて、BGMみたいに音が聴こえてくるというような感覚なので、屋内でも圧迫感を感じず、心地よく聴くことができます!!

僕は自宅やカフェなどといった屋内でイヤホンをするのがどうも圧迫感を感じて苦手なんですよね(泣)

気にならない人もいると思いますが(汗)

自宅ならスピーカーを使えばいい話ですが、カフェなどの店内でパソコンで作業したり勉強したりする時に、「ちょっとイヤホンで音楽を聴きながらやろう」ということができなかったので、この性能は嬉しいですね!!

音の出るところが露出している割には音漏れは少ない

耳に向かって音が放たれるというような感じなので、結構音漏れすごいんじゃないかと思いましたが、思っていた以上に少なめです。

自宅で聴いてみてなんとなく聴こえるかな~って感じだったので、電車の中とかでもほぼ気にならない程度かと思います。

もちろんあんまり大音量だと音漏れしますけどね(笑)

音質に関して

音質に関しては、正直良いとは言えませんね(泣)

構造上、低音域はかなり弱めといったところでしょうか。

やはり聴くというよりも、聴き流すまたは雰囲気を楽しむことに特化しているので、そもそもアンビーに音質を求めるのが間違いなのではないかと個人的には思いますね(笑)

最初は付けるのがちょっと難しい

片手で耳たぶを引っ張って、もう片方の手でアンビーをイヤーカフみたいな感じで差し込むというような感じですが、

これが結構難しいんですよね(泣)

元々イヤーカフを付けたりすることがあって、慣れている人からしてみれそうでもないかもしれませんが、そうじゃない人は慣れが必要ですね。

また、人によってフィットするポイントが違うので、そのポイントを探す必要もあります。

でも、長くても1週間も使っていれば慣れてくると思います。

まとめ

聞こえないという不安がないだけで、よりストレスがなく様々なシーンで音楽を楽しめる!!

ということが伝わったでしょうか。

今回は5940円と値段もお手頃な有線タイプを購入しましたが、アンビーの特性を考えると、ワイヤレスの方がより快適に使えるんじゃないかと思いました。

ただ、値段は有線タイプの倍ですが…(泣)

でも、それくらいの価値はあると思います!!

皆さんも是非アンビーで新しい音の世界を体験してみてくださいね!!