使えば使うほど便利!!~iPhoneのコントロールセンターのカスタマイズ方法~

2018年12月13日

iPhoneの画面の下端から、上に向かってスワイプすると出てくるコントロールセンター、とても便利な機能ですよね。

以前は、固定された項目しか入っていませんでしたが、iOS11からは、カスタマイズができるようになりました!!

簡単にパパッと呼び出せるのがコントロールセンターの最大の利点ですから、この機能が自分好みにカスタマイズできるのはかなり嬉しいですね。

カスタマイズできる項目はあらかじめ決められていますが、アラームや電卓などといった日常的に使われそうな項目ばかりなので、ちょっと面倒くさかった設定なども簡単に設定できるようになりました!!

今回は、そんな更に進化したコントロールセンターのカスタマイズ方法を紹介します!!

新しく項目を追加する方法

現在のコントロールセンターの状態がコチラ

ここに新しく項目を追加していく方法を紹介します!!

[設定]→[コントロールセンター]の順に進みます。

コントロールをカスタマイズをタップ

すると、カスタマイズの項目が出てきます。

上の「含める」の欄にある項目が現在コントロールセンターの中に入っているものです。

下の「コントロールを追加」の項目の左側にあるプラスのアイコンをタップすることで、コントロールセンターに新しく項目を追加することができます。

ここではwalletを選択します。

すると、「含める」の欄にwalletが追加されました。

コントロールセンターを開いてみると…

この通り、walletがコントロールセンターに追加されました!!

項目を削除する方法

コントロールセンターのカスタマイズの画面を開きます。

「含める」の欄にある項目の左側にあるマイナスのアイコンをタップ。

すると削除のアイコンが出るのでそれをタップ。

すると削除した項目が「コントロールを追加」の欄に戻ります。

※iPhone本体から削除されるわけではありません。

これで削除完了です。

項目を並び替える方法

コントロールセンターのカスタマイズ画面を開きます。

「含める」の項目の右側の3本線をタップしたままドラッグすると

 

このように順番を変えることができます。

3Dtouchを使って隠れ機能を呼び出そう!!

コントロールパネル内の各項目には、3Dtouch(強く押し込む)を使うことで呼び出せる、いわば隠れ機能のようなものが割り当てられているものがあります。

例えば、

左上の項目を強く押し込んでみると…

このように隠れていた項目を呼び出すことができます!!

 

懐中電灯だと、このように明るさの調節ができたり…

 

タイマーだと、このように簡単にタイマー時間の設定ができます!!

わざわざアプリを呼び出したりしなくて良いのでこれは便利ですね!!

他にも色々あるので、是非試してみるといいですよ!!