やっぱり有線イヤホンがいい!!〜3つのオススメポイント〜

2018年10月7日

以前、このブログで紹介したとおり、Bluetoothイヤホンがどんなものかと、数ヶ月ほど使ってみました。

ですが、僕はやっぱり

有線の方がいいかなぁ…

と思いました(泣)

Bluetoothイヤホンが全然ダメというわけじゃないんですが、改めて有線イヤホンの良さを感じたんですね。

そこで、僕がそう思った理由を挙げていきたいと思います!!

充電する必要が無い

Bluetoothイヤホンを使っていた時は、ちょいちょい充電をし忘れて音楽が聴けない…(泣)なんてことがよくありました(笑)

長く使っていれば、使ったら充電!!という習慣がつくかなと思ってたんですが、僕はそうでもなかったです(笑)バッテリーが切れてから、充電しなきゃ!!ってなることが多かったですね。(僕だけですかね…(笑))

まぁ、そもそも充電をしなきゃいけないというのも若干めんどくさいですし….(笑)

そういう面では、有線イヤホンは充電する必要が無いので、使いたいときにすぐ使えるし、バッテリー切れの心配もないので、安心して使えますよね!!

接続が簡単

無線だとその名の通り直接端末に接続するわけではないので、何かしら設定が必要になります。

これが結構手間に感じましたね(笑)たまになかなか繋がらないときもあったり…機械とか苦手の人は少し手こずるかもしれませんね。

でも、有線は端末に刺すだけですから、少し複雑なBluetooth接続と比べて、格段に簡単で早いです。

線が見えるからファッションの一部としても活用できる

これ、僕としてはかなり重要なポイントです。

お店とかで見ると有線イヤホンって、白やパステル系のシンプルな色から、派手目な原色系の色まで、様々なものがありますよね。

有線イヤホンは線が見えるので、その特性を活かしてオシャレも楽しめるのではないかと思っています。

モノトーン系が好きな人はイヤホンも同系色に揃えるのもよし!もしくは、なにかワンポイントが欲しいという時に赤などの少し目立つ色を選ぶのもよし!

靴やバックなどでワンポイントオシャレを楽しむ人もいますが、存在感が大きく苦手な人もいるかと思います。でも、イヤホンなら何かもう1つ色が欲しいというときに、差し色としてさりげなく色を足すことができます。

また、普段オシャレをする時でもなかなか手を出しづらい色ってありますよね(青、黄色、オレンジ、紫など)こういったちょっと色自体の個性が強めの色でも、イヤホンなら変に浮くことなく使えたりするんです。

これは有線イヤホンにしかない大きなメリットではないでしょうか!!

まとめ

有線イヤホンの方がいいけど線が邪魔…と思っている方、オシャレの一部だと思ったら使うのが楽しくなると思いませんか?

これからBluetoothイヤホンも色んな種類のものが出てきて、更に人気も出てくると思いますが、有線イヤホンもまだまだ捨てたものではありませんね!!