LAMY(ラミー)サファリの2018年限定色オールブラックがカッコよすぎる!!

2018年10月10日

最近、どんどんいろんな文具沼にハマって抜けなくなってきました(笑)

今、ハマりかけているのが万年筆です。

以前、コスパ最強万年筆”preppy”についてご紹介しましたが、それだけでは満足できず前々からいいな~と思っていた商品を購入してしまいました。

それがこちら!

LAMY(ラミー)サファリです!

コチラのカラーは2018年限定カラーのオールブラックです。

ラミー万年筆は比較的お求めやすい価格のものが多いので本格的に万年筆を使っていきたいという方にもおすすめです。

今回はそんなラミーサファリについてご紹介していきたいと思います。

LAMY(ラミー)サファリ オールブラックについて

今回僕が購入したのは、オールブラックというカラーのものです。

万年筆 ¥4.000

ローラーボール ¥3.500

ボールペン ¥2.500

基本的に1つのボディカラーでこの3種類が発売されています。

もともとシャイニーブラックという色の万年筆も販売されていたのですが、なぜこれにしたかというと理由は3つあります。

【理由①】触り心地

普通のボールペンなどもそうですが、本体がつるつるしているものって多いですよね。でもこれはマットな質感になっているんです!写真でも何となく違うのがわかると思います。

【理由②】本当にオールブラック!!

既存のシャイニーブラックは、さわり心地が違うのはもちろん、ペン先がシルバーになっています。しかし、このオールブラックはペン先までブラックなんです!!ここもこの商品が気に入る理由の一つでした。

【理由③】限定カラー

”限定”という言葉に弱いです(笑)期間限定とか、季節限定とか書いてあるとついつい購入してしまうんですよね(汗)

ですが、限定でなくても上記2つの理由から僕はこのオールブラックを購入していたと思います。

サラサラとノーストレスで書ける!

購入する際にF(細字)とM(中字)を試し書きしてFを購入しました。

書き心地はとてもスムーズでストレスなく書くことができます。

しかし、店舗で書いた時には結構細く感じたのですが、帰宅後に自宅で書いてみると・・・あれ?そうでもない?(汗)というのが感想です(笑)

実際に書いてみたのがこちら!

※購入時にインクボトルも購入し付属でないインクを入れています。

これだけではわかりずらいと思いますので、ほかの万年筆と比べてみましょう。

 

細字のわりに少し太いのがわかるかと思います。

ラミーサファリはドイツで生まれた万年筆です。海外メーカーのものはアルファベットを書くことを基準として作られているので若干太くなっているようです。

日本語は漢字など細かい字があるのでラミー(その他海外メーカー)の万年筆を購入するときは必ず試し書きをしてEF(極細字)かF(細字)を選ぶのがおすすめです!

まとめ

ラミーの万年筆にはクリップがついているのが特徴でビジネスシーンなどでも活躍できる商品だと思います。また、シンプルな見た目で万年筆感も少ないので若い方も躊躇なく手にできるのではないでしょうか。

ちょっと背伸びをして万年筆を使ってみたいときにおすすめの1本だと思います。

万年筆の魅力にハマりかけている僕は他にも気になっているものがいくつかありますのでまた購入した際には皆さんにもご紹介したいと思います!!