測量士のために作られた測量野帳が文房具愛好家に大人気!!

2018年10月24日

先日、彼女が新しいノート買ったよ!!と言っていてどんなものか見せてもらったら…

何これ!?測量野帳!?sketchbook!?てか、うっす!!

みたいな驚きの連続(笑)

謎のノート測量野帳がこれです。

調べてみたら、なんだかすごい良さそうだったので皆さんにご紹介しますね!

コクヨ 測量野帳スケッチ白上質 40枚

価格:146円
(2018/10/23 20:50時点)


 

測量野帳について

では、どんなものなのかみていきましょう!

こちらはノートで有名なKOKUYOさんから発売されています。

なんとこの手帳、発売から50年も経っているそうです。歴史を感じますね〜。

測量というだけあって、もともとは測量士さんのために作られたノートでポケットに入れやすいサイズ感、片手で書きやすいハードカバーの仕様になっています。

そして、何よりうすい!

40枚なんですが、こんなに薄いのに1枚1枚がペラペラなわけでもないんです。

手持ちの同じく40枚の無印ノートと比較すると…

ちょっと無印膨れてますが…(笑)

それでも野帳の薄さがわかると思います!40枚ということは1日1ページ使っても1ヶ月使えるということですよね!?これは便利…。

さて、ノートといえば気になるのが裏抜けですね。

みなさん、出来れば両面ガシガシ書いていきたいですよね?

そこで今回は何種類かのペンで試してもらいました!

では、肝心な裏面を見てみると…

万年筆系はちょっと微妙ですね…。

しかしほとんどが気にならない人は気にならない程度かと思います!

しかし…さすがプレイカラードット!!安定の裏抜け感…(笑)このペンが裏抜けしない紙なんてあるのかな…(汗)

ノートのデザインは3種類

測量野帳には3種類のデザインがあります。

・LEVEL

・TRANSIT

・SKETCH

上の二つは測量方法の名前だそうです。中もそれにあった罫線が引かれています。

彼女が購入したSKETCHは一般的な方眼(3mm方眼なので少し細かめ)なので普通にノートとして使いやすそうです。

しかし、測量野帳愛好家(ヤチョラー)の皆さんは測量士さん用の手帳を日記や何かを記録したりと工夫しながら使っていました。

紙がウォータープルーフ!?

今は紙もウォータープルーフの時代なんですね…。

外で使う時に紙が雨とかで濡れてしわしわになってしまうことってよくありますよね。

残念ながら彼女が買ったものは違う種類のようですが、新たな開発によりウォータープルーフタイプの手帳も発売されているんです。

表紙もビビットなカラーが採用されていて若い人でも手に取りやすいですね。

Diaryも発売中!

そうなんです。測量野帳はDiary(スケジュール帳)も発売してるんです。

お馴染みのハードカバーだけでなくソフトカバーがあったり、中身も月間やバーチカルなどさまざま!

ネットでも買えますし、ロフトなどでも発売されているようなので気になる方はぜひ手に取ってみてくださいね!!

 

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3

新品価格
¥127から
(2018/10/24 18:09時点)